やわらかあたまを育てる幼児教室さがしました@神奈川
HOME » 幼児教室ではどんな内容を教えてくれるの? » 育ちはじめた自立心を導く:3歳まで

育ちはじめた自立心を導く:3歳まで

2歳になってから幼児教室で教えてくれることをまとめました。

2歳~3歳まではこんな時期

赤ちゃんの時期からは完全に卒業し、要求も複雑になってくるこの時期。走ったり、階段の昇り降りなどの、少しレベルの高い運動ができるようになります。

言葉の出方については、単語だけをつなげてしゃべるような子もいれば、きちんとした会話が成り立つ子まで、個人差がありますが、相手の言っていることはきちんと理解し、自分の頭で答えを考えられるようになります。

さらに、少し難しいことでも自分でやりたがる「自立」の時期ということができます。

一方で、「やりたい」という気持ちは強いものの、実際にできることはまだ少なく、失敗を繰り返して癇癪を起こしたり、気が向かないことには「イヤイヤ」となりがちなのも、この時期の大きな特徴と言えます。

幼児教室では何を教えてくれるの?

多くの幼児教室の2歳児クラスは、「自立を促す」ことが大きな柱。

「自分でやりたい」という気持ちを尊重しながら、手先を使った遊びや体を動かす遊び、ワークシートなどを通じて「できた!」という体験を積み重ねていきます。

お教室の間、お母さんと離れて活動する「母子分離」を実施する教室も見られます。

同時に重視されるのが、遊びのルールや友達との関わり方を学ぶ「社会性」を身につけること。おもちゃを順番に使ったり、友達の気持ちを考えたりといった思いやりのある心を育てていきます。

また、遊びの時間、お話を聞く時間、体を動かす時間など、それぞれの時間のメリハリをつけることで、集中力を高めることも目指します。

さらに、数や文字などともふれあい、子どもの「知りたい」「学びたい」という気持ちを伸ばしていきます。

実際に通わせたことのあるママの口コミ

絵本を親子で読む機会が増え、ひとりでも絵本をめくって読んでいる姿が見られるようになりました。また、ひとつできるようになると、先生たちがとてもたくさん誉めてくださり、子どもの自信にもつながっているようです。(2歳3ヵ月女の子ママ)

子どものイヤイヤ期にとても悩んでいましたが、教室に通うようになってから、イヤイヤしてもどのように接すれば良いのか、どう説得すればいいのかが、少しずつわかるようになり、また息子もお話を聞いてくれるようになりました。(2歳6ヵ月男の子ママ)

詩の暗唱ができるようになったり、時計が読めるようになったり、教室に入ってからはっきりと知能面での発達が見られ、びっくりしています。知能面だけでなく、お友達や妹にやさしくしたり、一緒に遊べるようにもなり、精神面でも成長したと感じます。(2歳10ヵ月男の子ママ)

管理人より
自ら考え、試し、学んでいくことができるようになるこの年齢だからこそ、しっかりと目的を持ったカリキュラムを受けさせてあげることがとても重要だと思います。この時期の子どもの吸収力といったら、目を見張るものがありますよね!

ママに人気の幼児教室はどこ?
神奈川で通えるお教室をチェック!

神奈川県在住の新米ママです。うちのチビちゃんがそろそろ1歳を迎えようとしているのですが、ここ近年は幼児教室に通わせるママも多いと聞き、どうしようかと思案中。でも、将来を考えると、やっぱり何か通わせようかなと思ったので、幼児教室について、いろいろと調べてみました。
同じように悩んでいるママたちの助けになれば嬉しいです!

★幼児教室ランキングを発表!
 
やわらかあたまを育てる幼児教室さがしました@神奈川